×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オーセル オアシス天然シャンプーの特徴!

オーセル オアシスは、刺激のある成分やパラベン(防腐剤)、合成香料などを不使用な天然由来成分100%のヘアケア製品です!赤ちゃんからお年寄りまで!

天然由来成分100%のヘアケア!
オーセル オアシス天然シャンプー オーセル オアシスは、天然由来成分100%、有害化学合成成分0%のヘアケアシリーズです。一般的に天然系のシャンプーは、泡立ちの悪さがありますが、オアシス天然シャンプーは程よい泡立ちがあり、天然系とは思えない使用感があります。更に頭皮のエイジングケア成分も配合し、頭皮ケアからダメージケアまで幅広く使えるのが特徴です。

ダメージケア成分を配合!
オーセル オアシスは、ダメージ修復力・保護力・保湿力に優れている特徴があります。紫外線やドライヤーの熱、カラー剤やパーマ剤などで受けた髪のダメージを修復する成分を配合しています。特にダメージヘアは、乾燥によりさらにダメージレベルを上げてしまいます。そのためダメージ修復成分の他にも、保湿力とコーティング力のある3種類のセラミドも配合し、トータルケアをおこなっています。

管理人の体験談や効果!
口コミ評価が高いオーセル オアシスですが、管理人のクセ毛(天然パーマ)には、乾かした後にクセが強くなってしまう感じで仕上がり感がイマイチだったりします。管理人のクセ毛とは、少し相性が悪いです。しかし、抜け毛予防の効果はあり、洗髪中の使用感もかなり良いです!唯一、髪との相性がイマイチなのがオアシスでした!育毛シャンプーの中には、髪との相性が悪いものもありますが、管理人の場合はオアシスでした。ただ、ノンシリコンのヘアケアは自然な仕上が感があり、モノとしては悪くありません。シリコン配合のヘアケアに慣れていると、この『自然な手触り』に違和感を感じるかもしれませんが、しばらく使うと自然な手触りの良さを実感する方が多いのがオアシスです!

ダメージヘアの改善・修復には!
オアシスの場合、シャンプーにもダメージケア成分を配合し、コンディショナーと使う前に『ある程度』コンディションを整えておけるのがポイントです。そしてオアシス天然コンディショナーでしっかりケアします。特にダメージヘアには、髪の乾燥も禁物です。そのため髪の保湿にいい成分も配合し、ダメージヘアをケアしていけるのがオアシスのおすすめ点といえます。

成分
オーセル オアシス天然シャンプー
竹のミネラル水、ココイルメチルアラニンNa、ココアンホプロピオン酸Na、ラウロイルアスパラギン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ナノ化コラーゲン、ポリクオタニウム-10、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ハトムギ種子加水分解液、ラフィノース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ツバキ油、ユチャ油、スイカズラ花エキス、サンショウ果実エキス、セイヨウオキナグサエキス、グレープフルーツ果実エキス、銀(シルバーナノコロイド)、シアノコバラミン、加水分解シルク、ヒアルロン酸Na、ダイズエキス、アルギン酸Na、アロエベラエキス-1、センブリエキス、ユズ果実エキス、ウンカリアトメントサエキス(AC-11)、クエン酸、グリチルリチン酸2K、メントール、グレープフルーツ果皮油、ユーカリ油

オーセル オアシス天然コンディショナー
竹のミネラル水、パルミチン酸オクチル、硬化油、ミリスチン酸、グリセリン脂肪酸エステル、パーシック油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ベヘニルアルコール、ナノ化コラーゲン、ハトムギ種子加水分解液、乳酸 、スイカズラ花エキス、サンショウ果実エキス、セイヨウオキナグサエキス、グレープフルーツ果実エキス、銀(シルバーナノコロイド)、ポリグルタミン酸、ポリクオタニウム-10、スクワラン、ツバキ油、ユチャ油(サザンカ油)、シアノコバラミン(B12)、ダイズエキス、オタネニンジンエキス、コーヒー種子エキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、加水分解シルク、サラシアレチクラタ木エキス、アロエベラエキス-1、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、トレオニン、プロリン、アルギニン、ウンカリアトメントサエキス(AC-11)、メントール、グレープフルーツ果皮油